IBDサプリ

クローン病・潰瘍性大腸炎の
症状を見える化

IBDサプリ

IBD(クローン病・潰瘍性大腸炎)の症状や変化をアプリに記録。
日々のあなたの状況を医師に伝えることで、治療をサポートします。

IBDサプリの使い方はこちらをご覧ください。

主な機能

  • 1)プロフィール登録

    IBDの治療法や通院時間を
    登録することで、ご自身の
    情報を簡潔に医師に伝える
    ことが可能です。

    プロフィール登録
  • 2)症状記録

    IBDに関する症状の記録ができ
    ます。

    症状記録
  • 3)先生に聞きたいこと

    医師に聞きたいことを
    事前に整理。
    診察時に
    役立ちます。

    先生に聞きたいこと
  • 4)レポート機能

    記録した症状の変化をグラフで
    確認。
    また、入力済のプロフィー
    ルの内容や医師に相談したい
    ことの一覧をまとめて振り返ること
    ができます。

    レポート機能

App Store‎

Google Play

IBDサプリ活用事例インタビュー

Dr’s Voice

医療法人錦秀会 インフュージョンクリニック 院長 伊藤 裕章先生

アプリの活用が最適な治療選択につながる

医師が「IBDサプリ」を活用するメリットは、症状や治療効果、患者さんが日常生活で困っていることを一目で確認できるところです。そのため、状態を確認する時間を短縮でき、より患者さんへの情報提供や相談に時間を使えるようになります。それに医師の聞き取りは、患者さんにとってストレスのかかること。それが軽減できるのもメリットだと思います。また、アプリに記録すること自体が、患者さん自身の体調管理に役立ちます。
私の場合、初診の患者さん、生物学的製剤の使用開始時、治療変更後など、経過観察が重要な患者さんに対して、特に利用を勧めています。実際にアプリの記録を使って、患者さんの状態が悪化していないか、新しい治療の効果が十分に現れているかといったことを確認しています。日常生活の中の症状変化を折れ線グラフで確認できるので、評価もしやすい。こうしたことから「IBDサプリ」は、患者さんと医療者双方に有用なツールだと実感しています。
ぜひ、患者さんはこのアプリを使って、医師に症状を伝えてほしいと思います。そうすることで患者さん自身が治療参加に前向きになり、患者さんと医師が協働で治療方針を選択していく、いわゆる”Shared Decision Making型”の治療選択に役立つと考えています。さらに、将来的には遠隔診療にも活用できるのではないかと期待を寄せています。

  • ※医師と患者が距離を隔てたところで、インターネット等の通信技術を用いて診療をおこなうこと

Nurse's voice

医療法人錦秀会 インフュージョンクリニック 看護師 阪上さん

アプリでの記録をもとに、自身の状態や希望を伝えてほしい

IBDは患者さん自身の自己管理が重要です。「IBDサプリ」をつかった症状記録は、患者さん本人が病気に向き合える切っ掛けとなり、また先生や私たち看護師とのコミュニケーションの基にもなります。ほかにも、日々の記録は「こういう食事は大丈夫」など安心できることが増え、治療に前向きになれる効果をもたらします。逆に状態が悪い時や、治療変更があった時の記録だけでも十分役立ちます。ですから患者さんには「治療評価にとても役立ちますので、もしよかったら自分のペースでお使いください」とアプリを案内するようにしています。

最近では、治療の選択肢も増えています。治療は患者さんのために行っていますので、辛かった症状はアプリに記録しておき、診察時には我慢せずに自分の状態や治療に対する希望を伝えてください。そうすることで自分に合った治療を受けられるようになると思います。

スペシャル記事

復帰した日、応援の声に涙が

その他

復帰した日、応援の声に涙が

潰瘍性大腸炎の診断を受け、入院やリハビリの日々を支えてくれたものは、何だったのか。復帰を遂げたプロ野球選手・安達了一さんに現在の気持ちをお聞きしました。