あなたの「したい!」を先生に
相談する

患者さんがよりよい治療を受けるためには、生活や価値観、希望などを踏まえながら、患者さんと医療従事者が一緒に治療目的や方法を決めていくことが重要とされています。これをSDM(Shared decision making:共同意思決定)といいます。
あなたの「したい!」を「できる!」にするために治療や生活についての悩みや希望を先生に相談してみましょう。

現在のあなたの「したいこと」を先生に伝えましょう

support

あなたの「したい!」を先生に相談する際に活用ください あなたの「したい!」を先生に話してみよう
相談サポートカード

本サイトでは患者さんの希望を先生に伝えるためのツールとして、「相談サポートカード」をご用意しています。ぜひご活用ください。

1 あなたのプロフィール(症状、性別、年齢)を記入しましょう

あなたのプロフィール(症状、性別、年齢)を記入しましょう あなたのプロフィール(症状、性別、年齢)を記入しましょう

2 現在のあなたの「したいこと」を先生に伝えましょう

現在のあなたの「したいこと」を先生に伝えましょう 現在のあなたの「したいこと」を先生に伝えましょう

3 現在のあなたの情報を記入しましょう

あなたのしたいことと一緒に、病状も伝えましょう。

現在のあなたの情報を記入しましょう 現在のあなたの情報を記入しましょう

4「先生に聞きたいこと」を事前に記入しておきましょう

IBDになって、いろいろな不安や悩み、治療への希望など、先生に伝えたいことがたくさんあることでしょう。診療時間中には伝えきれないこともあるかもしれません。
事前に相談サポートカードに記入しておくと、あなたの聞きたいことや希望が伝えやすくなります。治療だけでなく生活上の不安なども記入しましょう。

「先生に聞きたいこと」を事前に記入しておきましょう 「先生に聞きたいこと」を事前に記入しておきましょう

5 用紙を先生に見せて、あなたの希望を伝えましょう

パソコン

スマホ・タブレット スマホ・タブレット

相談できた!あの人のストーリー 相談できた!あの人のストーリー