食事

女子栄養大学出版部

クローン病や潰瘍性大腸炎は腸に潰瘍やただれなどの障害が現れる病気。そのため、食事は腸に負担をかけないよう、低脂肪で食物繊維が少なく、低刺激なものがすすめられます。そんな制約のある方でも、おいしく安心して食べられるレシピをご紹介します。一緒に食べる人まで笑顔になれる、とっておきの一皿をお楽しみください。

こんな食事がオススメです

低脂肪

脂肪は消化器官の
負担になる。
脂質を減らす工夫を。

低残渣

消化しにくい食物繊維は、
調理や食材選びで
減らせる。

高カロリー

病気の治癒に必要な
エネルギーを摂取するため、
高カロリー食を。

低刺激

香辛料や辛いものなど、
腸を刺激する食材は
なるべく避ける。

コーンのやさしい甘さがサケによく合います

サケのコーンクリーム煮

こってり
1人分
エネルギー293kcal 脂質8.1g 塩分2.0g
サケのコーンクリーム煮
材料:1人分
  • サケ‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    1切れ(100g)
  • 塩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    少量
  • 玉ねぎ(みじん切り)‥‥

    1/4個(50g)
  • 白ワイン‥‥‥‥‥‥‥

    大さじ2
  • コーンクリーム缶‥‥‥

    大さじ3
  • A
    • 調製豆乳‥‥‥‥‥‥

      1/2カップ
    • 顆粒コンソメ‥‥‥‥

      小さじ1/3
  • 片栗粉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    小さじ1/2
  • ゆでアスパラ‥‥‥‥‥‥‥

    30g
  • 1.
    サケは塩をふって10分ほどおき、水けをふく。
  • 2.
    フッ素樹脂加工のフライパンを中火で熱し、1.を入れる。
    焼き色がついたら裏返し、コーンクリーム、玉ねぎをのせ、白ワインをふってふたをし、蒸し焼きにする。
  • 3.
    Aを加えて煮立て、水大さじ1で溶いた片栗粉でとろみをつける。
    器に盛り、食べやすく切ったアスパラを添える。

こってりをかなえるコツ

とろみをつけたコーンクリームソースがサケによくからみ、満足感アップ。
ソースの具となる玉ねぎの水分も利用して、しっとりと蒸し焼きにします。

ここがポイント

牛乳より消化のいい豆乳を使用。加熱する料理には分離しにくい調製豆乳を使うのがおすすめ。

脂肪の少ないラム肉のボリュームおかず

ラムのパン粉焼き

さくさく
1人分
エネルギー216kcal 脂質10.6g 塩分1.8g
ラムのパン粉焼き
材料:1人分
  • ラム肉‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    80g
  • 塩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    小さじ1/4
  • こしょう‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    少量
  • にんにく(薄切り)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    少量
  • A
    • パン粉‥‥‥‥‥‥‥

      1/3カップ
    • ドライオレガノ‥‥‥‥‥‥‥

      小さじ1/3
    • ガーリックパウダー‥

      ひとふり
  • ベビーリーフ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    適量
  • レモン(くし切り)‥‥‥‥‥‥

    1切れ
  • 1.
    ラム肉は7~8mmの厚さに切り、包丁の背でたたいてやわらかくし、塩、こしょうをふる。
    A のパン粉はフライパンでこんがり色づくまでからいりする。
  • 2.
    フッ素樹脂加工のフライパンを中火で熱し、ラム肉とにんにくを焼く。
    焼き色がついたら裏返し、押しつけながら1分ほど焼く。
  • 3.
    合わせたAをふり入れ、ラム肉にパン粉を押しつけるようにして焼いて器に盛る。
    フライパンに残ったパン粉をさらにカリカリに炒めてふりかける。ベビーリーフとレモンを添える。

さくさくをかなえるコツ

からいりしたパン粉にオレガノとガーリックで香りをつけてラム肉にまぶし、
アクセントに。オイルフリーの物足りなさを香りと食感でカバー。

ここがポイント

肉と一緒に焼いたにんにくは香りづけだけにして、食べるときに取り除くと安心です。

やさしい味わいのひと品。体も温まります

くずし豆腐のあんかけごはん

とろ〜り
1人分
エネルギー503kcal 脂質9.4g 塩分4.2g
くずし豆腐のあんかけごはん
材料:1人分
  • 絹ごし豆腐‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    1/4丁(100g)
  • むきエビ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    5尾(75g)
  • 塩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    少量
  • 酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    小さじ2
  • A
    • めんつゆ(2倍濃縮)‥‥

      大さじ2
    • 水‥‥‥‥‥‥‥‥‥

      1/2カップ
  • しょうがのしぼり汁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    小さじ1
  • 片栗粉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    小さじ1
  • 卵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    1個
  • ごはん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    茶碗1杯分(150g)
  • 万能ねぎ(小口切り)‥‥‥‥‥

    少量
  • 1.
    豆腐は大きく手で割る。むきエビは塩と酒をからめて5分ほどおく。
  • 2.
    鍋にAを煮立ててエビを入れ、色が変わったら豆腐を加えて温める。
  • 3.
    水大さじ1で溶いた片栗粉でとろみをつけ、溶きほぐした卵をまわし入れる。
    しょうが汁をふって少し煮立て、卵が半熟になったら火を止める。
    器に盛ったごはんにかけ、万能ねぎをのせる。

とろ〜りをかなえるコツ

消化のいい豆腐をあん仕立てにして、どんぶりに。
卵を加えることでさらにとろりと仕上がり、食べごたえも栄養価もアップします。

ここがポイント

作り方2 .で長ねぎ3cmをせん切りにしたものを加え、くたくたになるまで煮てもおいしいです。

いかがでしたか?今回ご紹介したレシピは、出版後、IBD患者さんたちの間でまたたく間に広まったレシピブックの新シリーズ『クローン病・潰瘍性大腸炎の安心おかず』からご紹介しました。
低脂肪・オイルフリーの食事ではどうしてもパサパサとして物足りなく、似たような食感になりがちなところ、「こってり」「さくさく」「とろ〜り」といった味わいや食感を追求し、満足感を高めているのだとか。おなかに安心な食材の選び方や調理法も載っている便利な一冊。既存本も併せて、ぜひご覧ください。

クローン病・潰瘍性大腸炎の安心おかず

NEW

クローン病・潰瘍性大腸炎の
安心おかず
(食事療法おいしく続けるシリーズ)

田中 可奈子 酒井 英樹 石川 由香

お肉はひと工夫でしっとり、ジューシー!あると便利なカンタン作りおきや、低脂質・低残渣でおなかにやさしく、脂質控えめの魚料理も充実。ノンオイルでも大満足のコツがいっぱい!

クローン病・潰瘍性大腸炎の
安心ごはん
(食事療法はじめの一歩シリーズ)

田中 可奈子 酒井 英樹 石川 由香

ノンオイル&低脂肪レシピでおなかにやさしい。家族の病気を支えるアイディアレシピ。大好評販売中。
著者プロフィール

●料理 田中可奈子(たなか・かなこ)
料理研究家・栄養士。女子栄養大学短期大学部卒業。自宅で料理教室「Kanako’s Kitchen」を主宰するかたわら、書籍、雑誌、新聞、企業ホームページなどで幅広くレシピを提案。飲食店のメニュー開発やイベントの講師も務める。クローン病と診断された家族のために工夫した料理は、安心でおいしく、家族みんなで楽しめると好評。『クローン病・潰瘍性大腸炎の安心ごはん』『ノンオイルだからおいしいお菓子』(ともに女子栄養大学出版部刊)など著書多数。

●病態監修 酒井英樹(さかい・ひでき)
柏市立柏病院 副院長、消化器内科部長。東京医科歯科大学臨床教授。医学博士。1979年東京医科歯科大学医学部卒業後、1987年米国マサチューセッツ州フラミンガムユニオン病院に留学。2001~2002年米国カリフォルニア州カリフォルニア大学クリニカルフェロー。2007年より現職。専門分野は肝臓・消化器科。

●栄養指導 石川由香(いしかわ・ゆか)
柏市立柏病院 栄養科 副士長。1986年日本女子大学 家政学部卒業。大阪厚生年金病院、淀川キリスト教病院を経て、1996年より現職。2008年より給食管理が直営になった同病院では、栄養科職員が患者と話す機会を積極的に設けているほか、栄養管理と給食管理を一体化させ、患者一人一人の栄養管理を実施する取り組みを行っている。

女子栄養大学出版部http://www.eiyo21.com/

関連記事

飲み会、女子会、送別会… なんとか「会」をこなしたい!

食事

飲み会、女子会、送別会… なんとか「会」をこなしたい!

食事の制限がある患者さんにとって、他の人との食事はなにかと気を使ってしまうもの。そんなときに先輩患者さんが乗り切るために使っているテクニックをお聞きしました。