第6話 お祝いの手作りお菓子を贈りたい

たまには、お菓子を食べたくなります。
お菓子が食事の妨げにならず消化のよいものが、
IBD患者さんにとっては適切とされていますが・・

登場人物

山寺ツトム(24歳)
クローン病歴2年
※厳密な食事制限なし
山寺ツトム(24歳)クローン病歴2年※厳密な食事制限なし
山寺ツトム(24歳)
クローン病歴2年
※厳密な食事制限なし
山寺マリ(28歳)ツトムの姉・看護師
山寺マリ(28歳)
ツトムの姉・看護師
大河原タケオ(22歳)
潰瘍性大腸炎歴4年
山寺ツトム(24歳)クローン病歴2年※厳密な食事制限なし
大河原タケオ(22歳)
潰瘍性大腸炎歴4年
山寺マリ(28歳)ツトムの姉・看護師
はるかちゃん(22歳)
飲み会を通じて
ツトムに出会った
女の子

低脂質でおいしいお菓子、腸にやさしい
お菓子にはどういったものがあるの?

1

低脂質の食材を使用したり、フルーツを代用

クリームチーズの代わりにカッテージチーズや水切りヨーグルト、豆腐を使ったチーズケーキや、フルーツの甘味や水分を生かしたノンオイルの焼き菓子など、脂質を抑える工夫をすれば安心してお菓子を楽しむことができます。
たっぷりのフルーツを使ったゼリーやシャーベットは水分補給にもなり、体調がすぐれない時にもおすすめです。
フルーツにはペクチンと呼ばれる水溶性の食物繊維も含まれ、腸内環境改善に役立ちます。

2

洋菓子より和菓子がおすすめ

脂質の少ない和菓子は、洋菓子よりもおすすめです。ただ、粒あんなどの豆類は不溶性食物繊維が多いので、狭窄がある方は注意したい食品です。

1

低脂質の食材を使用したり、フルーツを代用

クリームチーズの代わりにカッテージチーズや水切りヨーグルト、豆腐を使ったチーズケーキや、フルーツの甘味や水分を生かしたノンオイルの焼き菓子など、脂質を抑える工夫をすれば安心してお菓子を楽しむことができます。
たっぷりのフルーツを使ったゼリーやシャーベットは水分補給にもなり、体調がすぐれない時にもおすすめです。
フルーツにはペクチンと呼ばれる水溶性の食物繊維も含まれ、腸内環境改善に役立ちます。

2

洋菓子より和菓子がおすすめ

脂質の少ない和菓子は、洋菓子よりもおすすめです。ただ、粒あんなどの豆類は不溶性食物繊維が多いので、狭窄がある方は注意したい食品です。

もっと詳しく!
コラム:乳製品との付き合い方と上手にお菓子を食べるには

乳製品の問題は「乳糖」と「乳脂肪」

IBD患者さんが乳製品を摂る上で特に問題となるのは、乳糖と乳脂肪です。
乳糖を分解するラクターゼが少ない「乳糖不耐症」の場合、牛乳を飲んだ時、消化されない乳糖が大腸で異常発酵し、大量のガスや有機酸が生成され、下痢や腹痛、腹部膨満などを引き起こします。また、液体の乳製品の場合、乳脂肪が消化管を流れるスピードが速くなるため、腸を刺激します。

乳製品を摂るなら発酵食品がおすすめ

ヨーグルトやチーズなどの発酵食品は、乳酸菌によって乳糖がある程度分解されています。また、固体であるため、乳脂肪が消化管を流れるスピードが遅くなり、腸への刺激が少なくなるという効果もあります。
IBD患者さんは腸内細菌叢のバランスが崩れやすいため、ビフィズス菌をはじめとする乳酸菌などの生菌を摂取してバランスを整えるとよいでしょう。腹部膨満の改善、下痢や便秘の改善、免疫力の向上により感染やアレルギーを防御するなど、有益な働きが期待できます1)

選ぶなら脂質の少ない和菓子も

脂質を一度に大量に摂取すると、腸管の運動量が増えるほか、消化不良を引き起こし、下痢や腹痛の原因となります。洋菓子は、乳脂肪が大量に含まれる生クリームやバターをたっぷりと使用したものが多いため、脂質の摂り過ぎにつながります。甘いものが食べたい時は、より脂質の量が少ない和菓子がおすすめです。また、どうしてもクリーム味のデザートが食べたい時は、乳製品をまったく使用していない「豆乳入りホイップ」などを活用するのも方法の一つです。

【参考】
1) 斎藤恵子:潰瘍性大腸炎・クローン病の人の食事; 女子栄養大学出版部: p31-32, 2008.

そんなポイントを生かして、今日のおすすめレシピは?そんなポイントを生かして、今日のおすすめレシピは?